THE WALL by GENETO

NEWS

SEE MORE

CONCEPT

ディーゼルのライフスタイルを体感できる世界で唯一のコンセプトストア「DIESEL SHIBUYA」では毎年、建築家や空間デザイナーを起用し、アーティストの自由な発想でホームコレクションエリアの空間を演出します。今回のインスタレーションには、都市、建築、プロダクト、アート作品などジャンルに囚われない活動を行なっている、GENETOを起用。

「THE WALL」と題されたインスタレーションは、壁の配置により大小様々な空間をつくりだし、そこに生活のワンシーンを描きだします。 四季によって空間構成が変化し、訪れるたびに違った体験が待ち受けています。古来より生活のエレメントであった“壁”の新たな可能性を見出そうと試みた作品です。

壁とはなんなのか。物理的なものであり、精神的なものでもある。しかし、どちらの壁も超える対象として人々は捉える。その壁の向こうに何があるのか?今見えている風景が一変する様な出来事が待っているかもしれない。その先に見えるものは人によって違う。自分たちの壁を取り払い、その先の世界へと歩みを進めよう。新たな何かを求めて。

INSTALLATION

INSTALLATION #001

レイヤー状に壁を配置し、3つの異なる空間を作ります。
空間ごとに壁のマテリアルを変えることで、
全く異なる空間体験を与えます。

それぞれの空間は、パースの効果を持ち、
広がりを感じることが出来ます。

INSTALLATION #002

平面形状は、プロペラ形をしています。
壁の仕上げ材が、横につながる事で大きな壁面となり
初回(#001)のレイアウトとは、違った広がりを感じられます。

通り抜け可能な開口部が中心に集まる事で、どの部屋からも
隣の部屋をかいま見ることができ、開放感のある構成です。

INSTALLATION #003

3枚の壁によって囲まれた3角形の空間を中央に配置しています。中央の部屋は、異なる3種類の壁仕上げに囲まれることで、多用な質感が寄せ集まった空間となっています。

壁の貫通した展示部分を通じて、それぞれの部屋を垣間見れる、不思議な視線の抜けを持つ空間となっています。

INSTALLATION #004

三枚の壁を平行に並べた構成で、壁の小口(短い部分)が入口方向に向かっている。壁毎の質感の切り替わりがどのように起こっていたのか、その種明かしのようなレイアウト。

これまでのレイアウトでは、部屋ごとに囲われた空間を作ってきたが、最後は部屋の区切りを感じにくい、緩やかにつながった構成となっている。

BACK TO INSTALLATION INDEX

ABOUT GENETO

「新たな価値観の想像」をテーマとし、都市、建築、プロダクト、アート作品などジャンルに囚われない活動を行なっている。 デザインや設計を行うチームがGENETOで、空間やプロダクトの制作を行うレーベルpivotoと協働している。 2004年より、京都と東京の2拠点で活動を行う。 ニューヨークのArchitizer A+Awardで二部門受賞など、国内外問わず多数受賞。

2008 年
グッドデザイン賞
2010 年
JCDデザインアワード2010 金賞
2011 年
Design for Asia Award 2011 銅賞
2012 年
JID AWARD2012 受賞
2014 年
Design for Asia Award 2014 銀賞
第24回AACA賞 奨励賞
The 2nd Architizer A+Award, Jury Award, Popular
choice Award
2015 年
SD Review 2015 入選

INFORMATION

タイトル
THE WALL(ザ ウォール)
アーティスト
GENETO(ジェネット)
会期
2017年2月18日(土) – 2018年2月16日(金)
会場
DIESEL SHIBUYA
東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti
DIESEL SHIBUYA B1F
電話番号
03-6427-5955
営業時間
11:30-21:00
不定休

ディーゼルならではのロックなライフスタイルを提案するホームコレクションライン“DIESEL LIVING”。 アートや音楽からインスピレーションを受けた遊び心あふれるデザインで、個性的なアイテムを豊富に展開。イタリアを代表するインテリアメーカー(家具/モローゾ、照明/フォスカリーニ、キッチン/スカボリーニ、テーブルウエア/セレッティ)とのコラボレーションにより、デザインだけでなく品質においても高い評価を得ています。これまでの概念にとらわれないインダストリアルな空間を演出します。

SEE MORE